河西回廊に太陽光発電のひとすじの青い光が再び Chint Power25MW太陽光発電事業を金昌にて開始
読書量:1382
リリース時期:2022-03-16
リストに戻る

Chint Powerは河西回廊再生エネルギー基地建設の重要なチャンスを狙い、金昌再生エネルギー太陽光発電プロジェクトの建設を積極的に支援している。2021年末、 Chint Power250kWインバータを使用する金昌帷盛第二期25MW太陽光発電事業は順調に系統連系送電を開始した。

前漢以来、河西回廊は古代シルクロードにおける重要な国家貿易ルートであり、「兵法家」が必ず取りたい要地でもあった。現在、国家の「一帯一路」戦略主導のもと、河西回廊は歴史の頂点に戻り、再び人々の視野に入ってきた。2014年に Chint Powerはすでに金昌に入り、2015年1月には、正泰金昌帷盛第一期25MWプロジェクトが成功し、毎年約2400万kWのクリーン電力を送電している。2021年8月、金昌帷盛第二期25MW太陽光発電事業を開始し、今日まで、100台あまりの Chint Powerが自主開発したCPS SCH250KTL-DO太陽光発電インバータがこの荒地を覆い、河西回廊に再び太陽光発電の一筋の青い光が差し込んだ。

 

内陸部の奥深くは太陽光発電の環境に恵まれている

甘粛省は太陽光輻射エネルギーの比較的豊富な地域に属しており、中国気象局が2020年に行った資源評価の結果によると、甘粛省の太陽光発電技術の開発量は全国で第5位である。そのうち、金昌が位置する河西回廊は甘粛省の日射量の豊富な区域で、降水量が少なく、晴天が多く、年平均日射量は5883.4MJ/m²に達し、年間日照時間は2800時間に達している。

豊富な太陽エネルギー資源のほか、金昌市金川区西坡区域は地勢は広く、地形は平坦で、基礎化、大規模化、一体化開発の優位性を備え、開発に利用できる空間は巨大で、太陽光発電所の開発建設に適している。

ここは2021年8月に開始した金昌帷盛二期25MW太陽光発電プロジェクトの地域で、100台余りの Chint Powerが自主開発したCPS SCH250KTL-DO太陽光発電インバータが金昌の恵まれた太陽エネルギーの光を浴びている。

 

外国の技術と自主開発の250kWストリングインバーター

2020年までは、セントラルインバータは甘粛省の安定した太陽光を受ける大型地上発電所で人気を集めていたが、分散式市場の急速な発展に伴い、ストリングインバータが地上発電所分野に徐々に浸透している。 Chint Powerは北米市場を長年深耕しており、海外のストリングインバータの技術研究開発とシステムの優位性は業界トップの地位にある。 Chint Powerは、国内市場でストリングインバータの需要が日に日に高まっている中、250kWの大電力ストリングインバータを世に出しました。西部地区は朝晩の温度差が大きく、太陽光発電インバータは従来の大型地上発電所で多くの問題が発生し、軽い場合は放熱性能に影響を与え、悪い場合はIGBTの故障を招き、最後にはインバータの「故障」を招いた。 Chint Powerインバータは全てIP66保護等級とC5級の防腐を採用して、外部ファンにはIP68保護等級を採用する事で、全面的に風と砂ぼこりの問題を解决し、更に高温、寒冷、高地、強い砂塵などの劣悪な環境にも対応しており、20年に渡る耐用期間がある。内部ファンは高温に対応できるようにカスタマイズされており、インバータの発電効率と寿命が大幅に向上し、メンテナンス作業量が削減されている。

さらに、250kWインバータは、トラッキングブラケットサポートと182/210の各サイズのPVモジュールの優れた適合性を備えています。 高精度なストリング検出により、インテリジェントなIV診断を実現し、故障部品を正確に特定する。

推算によると、金昌25MWプロジェクトは、25年のライフサイクルで、累計12.84億kWhの発電量が可能で、年間平均5100万kWhの発電量となる。同じ発電量の火力発電に比べ、毎年二酸化炭素を約5.3万トン、二酸化硫黄を158トン、窒素酸化物を50.8トン削減することができ、その土地のエネルギー構造の最適化を推進し、空気汚染を減少する。これまで、Chint Powerは甘粛省に10基以上の太陽光発電所を建設するために投資した。その総量は約750MWで、黄土に一筋の青い光を残し、地元の再生エネルギーの急速な発展に貢献している。