Chint Power、技術で550MW海上太陽光発電所の全容量送電を保障
読書量:1408
リリース時期:2021-12-24
リストに戻る

1216日、Chint温州泰瀚550MW漁業&太陽光シェアリングプロジェクト制御室内で、工事技術者は大型スクリーンを見つめていた。発電所の各設備が相次いで送電に成功するにつれて、監視バックグランドには各設備のデータがすべて正常であることが表示され、各発電ユニットの電力は次第に上昇し、制御室内から熱烈な拍手と歓呼した! 現場のエンジニア長の発表: Chint New Energy温州泰瀚550MW漁業&太陽光シェアリングプロジェクトは系統連系に成功した!

温州泰550MW漁業&太陽光シェアリングプロジェクトは温州浙南産業集積区瓯囲区内に位置し、139.6万枚のChint ASTRO450Wp単結晶シリコンモジュールおよび一部の両ガラスモジュールから構成され、敷地面積は約7400ムー(1ムー=1/15ヘクタール)であり、毎年6.5kWhの発電量ができ、同じ発電量の火力発電と比べ、毎年標準石炭を約23.5万トン節約でき、二酸化炭素の排出量を約64.8万トン削減できる。本事業は中国国内の単体干潟の規模が大きく、施工面が複雑な海面技術事業で、海地域を使い、多くの論証はいずれも革新例であり、Chint ew Energy「錦繍太陽光発電」理念を十分に実践し、再生エネルギーを海洋から都市の心臓部に輸送する。CCTVの「新聞聯播」は同日夜、この重大プロジェクトに焦点を当て、「アジア最大級の干潟漁業&太陽光シェアリングプロジェクトの系統連系発電開始」を掲載した。

Chint Power3.125MWコンテナ式PVインバーター昇圧一体机を提供し現場の施工と取り付けが順調で便利であることを保障し、同時に製品IP55の防護等級とC5防腐設計、海上或いは近海の高湿高塩霧の環境条件にも耐えられ、 太陽光発電所の安定運転を確保する。

 

Chint Power1500V 3.125MWコンテナ式PVインバーター昇圧一体机

 

ワンストップ設計による投資の節約

インバーター、配電ボックス、およびさまざまなセキュリティデバイスを内蔵した高集積化;

出荷前に通電試験を終了させ、現場組み立て作業なしで、便利な輸送と設置による工事費用を節約する。

 

環境に配慮した高収益

► IP55防護等級,C5防食設計,海辺高湿高塩霧環境に适応;

► 3レベルの技術で、中国効率は98.55%に達する;

モジュラー設計により、システム効率を向上させ、発電損失を削減;

►45℃1.1倍長期運転、50℃全負荷出力抑制無。

 

スマートO&M、高安全性と高信頼性

全般的な運転データアップロードにより、故障を迅速に特定、排除を実現する;

絶縁監視測定、アクセス制御及び煙警報システムを集積し、システムの安全を保障する。

 

卓越した性能と優れたパフォーマンスにより、 Chint Power1500Vdc 3.125MWコンテナインバータはすでに国内外のプロジェクトの実施において活躍しており、その優れたインテグレーション、環境適応能力及びスマート化システムは、顧客に信頼できる収益率を提供するだけでなく、発電所のO&Mコスト面でも極めて高い経済的優位性を示している