Chint Powerは「ベストシステム統合ソリューションサプライヤー」「ベストマイクログリッドBESSプロジェクト賞」双賞を受賞
読書量:2479
リリース時期:2021-10-28
リストに戻る

終わったばかりの中国国際PV&蓄電&充電大会および展覧会で、Chint Powerは双賞「2021年度最適システム統合ソリューションサプライヤー賞」および「2021年度ベストマイクログリッドBESSプロジェクト賞」を受賞した。

20211011-13日、中国国際PV&蓄電&充電大会および展覧会は、「国家3060ダブル炭素目標を堅持し、BESSの全く新しい生態モデルを構築する」をテーマに江蘇省無錫市で開催された。業界の発展を奨励し、より多くの有識者が業界に参加するよう呼びかけるため、大会は国内BESS業界の優秀な応用プロジェクトと製品のサプライヤーであり、前期の選考に基づいて賞を発表した。

2021年度最適システム統合ソリューションサプライヤー賞」-Chintモジュラー化スマートBESSシステム

 Chint Powerは、モジュラー化スマートBESS統合システムにより、ベストシステム統合ソリューションサプライヤー賞を受賞した。Chintモジュラー化スマートBESS統合システムはリン酸鉄リチウム電池システム、モジュラー化双方向PCS、エネルギー管理システムEMS、空調システムなどの設備から構成され、集積度が高く、中大規模産業用システムあるいは大型PV&蓄電システムに適している。

製品メリット:

(1)四象限運転、バッテリ充放電管理のサポート、EMSBMSと連携したシステム、複数レベルの保護を実現;

(2)Chintが独自に開発したEMS(エネルギー管理システム)は、システム特性を最適化した;

(3)PCSはモジュラー設計で複数のモジュールを並列接続し、さまざまなプロジェクトニーズに柔軟に対応;

(4)電力スケジューリングmsレベルの応答速度を実現し、STSモジュール付き、自立運転切り替えは10ms以内;

(5)スマートな空調(バッテリ)、空冷(PCS)設計、環境温度45°C出力抑制なし;

(6)保護レベルIP55、防食C5オプショ、風や砂、海辺の塩や霧など、極端な屋外環境に適応;

(7)逆充電サポート機能付き、系統の周波数調整とピーク調整が可能;

(8)all-in-oneの設計で、高出力、輸送、設置、O&Mが便利;

 

2021年度ベストマイクログリッドBESSプロジェクト賞」——日本群馬県太陽光発電+BESSスマートコールドスタートオフグリッドプロジェクト

このプロジェクトは群馬県のウナギ養殖場のそばに位置し、太陽光発電+BESSのオフグリッドの典型的な応用例である。顧客は、この養殖場が今後数年間、安定した電力供給を得ることができないことを考慮して、養殖場の運営を保証し、電力供給の信頼性を高めることを望んでいる。Chint Powerは顧客のニーズに応じてオフグリッド型の太陽光発電+BESSシステムを構築した。

このプロジェクトの太陽光発電とBESS、および負荷は電気の需要に基づいて設計した。PVモジュールは養殖場脇の地上太陽光発電所に設置され、PVインバータは工場区内に分散配置され、BESSシステムは屋外キャビネットとコンテナ式を採用し、負荷に近い北側に設置している。負荷部分は顧客側配電ボックスと各種負荷で構成されている。システムはEMSによって太陽光発電、BESS、負荷の動的バランスをリアルタイムで制御します。

202125日に正式に運営を開始した後、システム全体が正常に運転し、顧客に電力供給の問題を解決し、養魚場の電力需要を保証した。

 

未来のエネルギー構造では、電力系統の安全安定の運転、再生エネルギーの大規模化発展、電力体制改革はすべてBESSなどの問題に焦点を当てており、BESS業界の重要性は言うまでもない。今後、Chintは産業チェーンの全体的な協同を通じて、「太陽光発電+BESS」などの再生エネルギーを主体とする「グリーン電源、スマートネットワーク、負荷低減、新貯蔵」のカーボンニュートラルトータルソリューションを強力に実施し、エネルギーのグリーン・低炭素化への転換を推進している。