春めき、ChintPowerはエネルギ一貯蔵システムソリューションを携えて緑の未来を描出す
読書量:318
リリース時期:2024-03-04
リストに戻る

2月28日(水)から3月1日(金)まで2024年日本東京国際太陽光発電展(PV EXPO春 TOKYO 2024)は東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催されます。本展示会では、ChintPowerが地面発電所と工商業用エネルギ一貯蔵システムソリコ一ションを出展ブースの小間番号のE14‐29で展示させていただきます。最新技術成果やプロジエクト事例及びエネルギ一貯蔵システムのソリューションに関する展示説明を行います。

日本東京国際太陽光発電展PV EXPOは日本でもアジア地域でも規模

最大級、プロフェッショナル、影響力を持つ国際の再生エネルギー産業の展示会であり、それが現在、日本及びどんどん成長していくアジア太陽光発電市場を開拓する最適なプラットフォームになります。

2.4MW/5MWh液冷式エネルギ一貯蔵システム

日本PV EXPO初登場

2.4MW/5MWh液冷エネルギ一貯蔵システムが日本PV EXPOで初登場し、展示プ一スでは多くの注目を集めました。本エネルギ一貯蔵システムは高エネルギー、高性能、高い安全性という3つの特徵を持ち、顧客の要求に応じて2MW/4MWh、4MW/8MWhなど複数のエネルギ一貯蔵システムソリューションを提供することが可能です。

1.CTP効率的なグル一プテクノロジーにより、標準の20フィ一トコンテナに最大5MWhまで収容可能であり、システムのエネルギ一比は35%以上向上し、電力コスト削減および総合入荷コストの最適化も実現されます。

2. インテリジエント液体冷却制御技術と多段径变更型液体冷却パイプ設計により、Pack級セル温差は15℃以下になり、および系統級セル温差は2℃以下を実現しています。またクラスタ管理機能も備えており、各バッテリ一クラスタの電力が十分かっ均等に充電または放電させることを確保でき、多数のバッテリークラスターが並列によってSOC不整合問題を解決されます。これにより系統寿命は10%延長されます。

3.全方位、全域安全設計が採用されており、電気、構造、運転、人身保護及び消防面から多次元的にシステムの安定性と安全性を確保しています。5700Vの耐圧絶縁仕樣や12重電気保護装置、そしてソフトウェア・ハ一ドウエア保護装置は互いにバックアップし、システムの安全性を向上させます。

新しい30kW/73.7kWhの商業用エネルギ一貯蔵システム

その土地の事情に適した措置をとる一体化

ChintPowerが長年日本市場を開拓してきて、現在、日本で唯一のオン・オフグリッド切り替え回路技術を備えた企業として、多くの工商業向け太陽光エネルギ一貯蔵システム製品を提供しています。これらの製品はバックアップ電源として使用されるだけでなく、需要調整やピ一クカット機能も兼ね備えています。また、日本国内市場の特性性に対応するために、ChintPowerはオン・オフグリッド切り換え装置を合わせた工商業エネルギー貯蔵システム一体型装置を提供しています。該当製品も防護等級、互換性、安全性など多くの優れた設計を持ち合わせており、オフィスビルなど商業施設に適用されます。

1、日本市場向けに設計された逆流防止およびOVGR保護機能が備えています。

2、中小規模工商業エネルギ一貯蔵システムプロジエクトに適用され、太陽光発電システムと統合されます。

3、プラグアンドプレイ対応で迅速な拡張が可能で最大4台まで直列接続が可能です

4、装置全体の防護等級IP54(PCS:IP65)では屋外でも高温、高湿度、高海抜や塩害など厳しい環境下でも直接取り付けることが出来ます。

5、インテリジエント逆流防止機能を備えており、太陽光発電とエネルギ一貯蔵システム出力を柔軟性に制御でき、0.5秒以内に迅速的に反応でき、各主要電力会社からの需要を満足できます。

6、関西電力、中国電力、中部電力、東京電力、東北電力、九州電力などの多数の電力会社との連動が完成できています。

多種類予備電源ソリューション

日本市場によりよく適する

ChintPowerは、日本の現地化ニ一ズに基ついて、2時間 125kW/239kWh、250kW/478kWhおよび4時間62.5kW/239kWh、125kW/478kWhの予備電源ソリュ一ションを提供しています。これらのソリュ一ションはエ場や商業地区、マンションなどの中大規模地域や大型発電所向けのオン・オフグリッドエネルギ一貯蔵システムを満たします。

1、モジュ一ル化設計で柔軟な拡張性と屋外設置が可能です。

2、統合されたモジュ一ル型三レベルPCSは効率が高く、メンテナンスも便利です。

3、PCSとバッテリ一パックは1対1で接続されており、並列接続による損失を回避することができます。

4.産業用クラスの空調装置があり、バッテリ一寿命が確保できます。

5.ロ一カルEMSが統合され、リアルタイム監視と迅速な故障特定が可能です。

年を経た洗礼を受けたChint Powerは、日本市場で着実に展開し、常に顧客の潜在的なニ一ズにご満足いただけることに努めております。絶えずに製品の開発と最適化により、豊富な業界経験を積み重ねる一方で、アフタ一サ一ビス体制も進化させており、日本の新エネルギ一産業の生々発展に貢献していきます。